多次元的障害のご相談や波動医学セミナーのことなら、|Dr.Jのメディカル&スピリチュアルカウンセリング

多次元的障害などのご相談や「オベロン」測定なら、関西・奈良県在住の医師(内科、漢方内科)にお任せ!

ホームブログページ ≫ 帰国後:スピリチュアルショッピング ≫

帰国後:スピリチュアルショッピング

   スイスから帰国後、女性外来の傍ら、飽きもせずスピリチュアル探訪を続けた。以下に私が受講した幾つかのセミナーや講座をピックアップしてみた。

*レイキ:男性レイキヒーラーから受講を受けた
 1回の受講でレベル1-3まで伝授してもらった・・・シンボルの使い方を教えてもらったが、なんでシンボルを使うのかを教えてもらえず・・・何を聞いても、適切な答えが返ってこず、私が求めていたものに応えてくれるものではないと感じられた。
 後に、主人に聞いてみると、彼のバックには「魔」が暗躍していると言われたが、当時の私は、それが正確に何を意味するのか分からす、思わず「魔って何ですか」って、主人に聞き返したところ、ニコニコしながら、「ア ク マ 悪魔」と教えてくれた(* ̄ー ̄) あぁ~、あの時の衝撃は今でも忘れられない(--;)
 主人には、レイキエネルギーもそうだけど、世の中に存在するヒーリングエネルギーの質にはピンからキリまで様々なものが存在するが、あなたは、キリの方のエネルギーに縁したねと、私の馬鹿さ加減を一言でばっさり根こそぎほかされた(^^;
 実際、その後の1-2年間、その男性ヒーラーのバックで暗躍するネガティブエネルギー存在にがっつりしごかれ、身をもってその怖さやしつこさを知った(高級神霊は一般的には、願ってもいない本人の前にごり押しで、出張ってくることはないです)。

*セミナー:リーデングで有名な某氏が、主催したセミナーに一回だけ参加した。彼自身は洗練されていて、セミナーは面白かったし、実技でも色んなパフォーマンスを見せてくれたが・・・ピンと来るものはなかったような気がした(^^;
 後に主人に聞くと、彼は確かに霊能力を持っているが、バックにはチベット仏教系の宗教霊のエネルギーを感じるねと・・・

*クレアボイアンススクール:
 霊視で有名なアメリカ人女性が、日本で主催したスクール。私が受講を申し込んだ年は、スクール最後の年だったようである。一年間のコースで受講を申し込んだが、最初の数か月間は、月に二回(3泊4日)ほど東京で開催される講座(実技も含めて)をひたすら受け続けた。
 主催者は「観えたものは信じたらよい」と教えていたが、それに対して納得ができなかった。というのは、昔読み漁った書物の中で、禅の世界で、師匠は弟子に「観えたものに取り組んではいけない」と戒めているのに、簡単にそういうふうに信じてもよいと言っているのが信じられなくて・・しかも、何の根拠もなしに・・
 今になって、私は自分の馬鹿さ加減を悔いて嘆いている。というのは、私はそういうことを知っていたはずなのに・・・ただ、その時、私は、その本質をわかっていなかったがために、そういう状態(霊視の能力開発に興味をもち、実技講義などを受けていた)に陥っていたのだ!! その時のスクールの同期を見渡してみても、わかっている人は皆無に近かった。無知の状態で知らず知らずのうちに、ネガティブエネルギーに縁するのはなんと恐ろしいことか・・・
 スクールで教えていることに疑問をもったが、答えてくれる人がいないため、その答えを教えてくれる人を自分で探すしかないと思った。ネットで何日も探し続けるうちに、気になるHPにたどり着いた(^^)そこに書いてある記事はどれも興味深く(理解できないものは無視)、仏教かぶれしていた私には、わかりやすかった。霊視などの能力開発よりも、認識アップを重視しているように感じられて、親近感がわいた。まさに私が探し求めていたもののように感じられた。
 よし、HP主催者に一回会って話を聞いてみようと思った。連絡をとり、実際に会ってみると、普通の中年男性だった。しかし、私がどんな質問をしても、はぐらかさずに、真摯に答えてくれた。今まで出会ったスピ系の人たちとは、明らかに違っていた。この人のセミナーなら受けてもためになるかなと思った(しかも、セミナー料金が安い^^・・・今まで受けたセミナー料金は少なくとも2-3倍のお値段はしていた)
 まずは、波動チェックセミナーを受けてはと勧められた。自分を知るにはよいのではとのことだった。
 実際そのセミナーを受けてみたが、自分自身の波動、身の回りの色んなものの波動、自分の心のマイナス傾向性、自分の認識などを調べるにはもってこいのツールのように思えた。また、波動チェックセミナーで使用するアナライズ盤は、色んなことに応用できるので、使い方によっては、いくらでも自分の認識拡大につなげることができると思った(^^)

 もう一つ特筆すべきことがある。私は若いころから、右半身のしびれという症状に苦しめられていた。西洋医学では、原因不明とされていたが、多次元的に観たら、両親の生霊とわかり、主人に対処してもらったところ、あっさりよくなった。この時に初めて、西洋医学では教えてもらったことがない、多次元的障害とはどういうものかの一端を垣間見せてもらったような気がした。
 その後も、自分や知人友人の訴える不調や事象の背後に、様々な種類の多次元的障害(霊障、カー障害(自分が今まで縁したネガティブエネルギーのことが多い)、肉体先祖のカルマ、自分自身の霊的カルマなど)が関与していることがわかり、しかるべき対処をすることで、症状が改善するのを経験した(^^)これは、今までに学んだ、西洋医学や東洋医学ではカバーできない領域で、今後少しずつ認知されていくことを願ってやまない・・・
 私は、現在も多次元世界、多次元ボディ、多次元的障害などについて学び続けている。日々新しい発見があって充実感を噛みしめている・・・日々進化し続けたいと思っている!!

 迷っていた時、私を導いてくれた波動チェックの中年男性は、今の主人になっているなんて・・・縁の不思議を感じずにはいられない(主人曰く、未来世からのご縁と(過去生、現世を超えたところの未来世の出会いがあることを初めて知った・・・) 最後にカミングアウトしちゃった(^^;
 
2018年03月08日 05:00

コメント一覧

  • 【このコメントは承認待ちです】

    2020年07月25日 01:32
  • 【このコメントは承認待ちです】

    2020年07月25日 01:32

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文