多次元的障害のご相談や波動医学セミナーのことなら、|Dr.Jのメディカル&スピリチュアルカウンセリング

多次元的障害などのご相談やメタトロンSAKURA(サクラ)測定なら、関西・奈良県在住の医師(内科、漢方内科)にお任せ!

ホームブログページ ≫ 夏バテ対策:漢方編 ≫

夏バテ対策:漢方編

夏バテ対策:漢方編

 

今年の夏の暑さは異常ですね。いつもなら夏バテは気にしなくてもよいのですが、今年は対策を講じています!!

 

何をしているかというと、夏バテ予防の漢方を飲んでいます。えつ??夏バテの漢方??そんなものあるの?なんて思っている方もいるかと思いますが、ちゃんとあるんです(^^)

 

患者さんにも処方して喜んでもらっています。「これを飲むと、動きすぎて疲れたなあ、明日は大丈夫かしらと思っていても、翌日は不思議と疲れが取れて、動けるんです。だから、余計動いてしまう・・・お友達にもあなたは元気だねとよく言われます」と教えて下さるんです。そういうお言葉をお聞かせいただけると、本当に嬉しいです(^^)

 

その漢方は何かというと、実は一つではないんです。私が好んでよく使っているものをいくつかピックアップしてみます。

「清暑益気湯セイショエッキトウ」「麦門冬湯バクモンドウトウ」「炙甘草湯シャカンゾウトウ」「清心蓮子飲セイシンレンシイン」などなど・・・

 

実際、私が飲んでいるのは、「清暑益気湯」です。1日に1-2包しか飲んでいませんが、体が元気です。なぜかというと、この漢方の中に、体を元気にする「人参」だけでなく「黄耆」も入っているからです。それ以外では、体液不足を補う「麦門冬」、体の熱をとる「黄ばく」、胃薬や血流をよくする生薬が入っています。西洋薬とは違って、漢方のいいところは、方剤の中にバランスがとれた生薬が入っているおかげで、飲んだときに体に負荷がかかりにくく、それでいて体のバランス異常を整えてくれます。飲んで効果を実感してもらえるだけでなく、やめた時の副作用がないのも大きな特徴です。

 

皆様もご自分の夏バテ対策を講じてみてくださいね♪

 

ご自分にあう漢方は何かとお知りになりたい方は、お問合せからご連絡くださいね♪直接面談をさせていただいた上で、適切なものをアドバイスさせていただきます♪

 

☆☆コメントなども寄せていただけましたら、うれしいです♪。コメントの投稿は、該当ブログ記事の青いタイトルのところをクリックしていただけますと、投稿フォームが出てきます。

2018年07月27日 00:00

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文